ランカスター陛下の放浪日記?

「陛下、ありがとございます。」
「お礼などいいよ。君が楽しければそれでいい。」
「お城の人たちに迷惑かかってないかな・・・。イリアやファーナに何も言わずに その後ろから・・・来ちゃったし・・・。」
「そういう事をいちいち気にしていたら何も出来ないぞ、アヤ。」
「・・・・。」
「私の場合はも少し気にした方がいいか。 でももって生まれた性格はもう直りはしないし・・・ははは。」
「・・・・ランフォードとランカスター陛下って全然、性格が違いますね。」
「ああ。よく言われるよ。こんな事も言われたことあるぞ。 私の息子は実はノヴァでヴァリスの息子はランフォードではないか・・とな。」
「え?」
「ははは・・そんな事、あるわけなかろう。 ヴァリスとランフォードの真面目な性格、私とノヴァののんきな性格が似ているという極端な例えだよ。 ・・・あんなに真面目すぎても疲れるだけだと、私は思うんだがなあ・・・・。」
「でも、ランカスター陛下みたいな性格のランフォードはあまり見たくないです。」
「・・・・・・それは私も思うよ。」
「でもそれはランカスター陛下にも言える事だと思いますよ。 いきなり急にランフォードみたいにクソ真面目になった陛下・・ ランフォードも真面目・・どっちも自分に厳しいと思うから一緒に生活するのには息が詰まりそう・・・。 真面目に仕事してくれるのはきっとランフォードやヴァリスさんにとっては嬉しいと思うんでしょうけど・・ 何か違うんですよね。」
「クソ真面目な私か・・想像しただけでも違和感感じるよ。」
「ランカスター陛下は今のままが一番いいと思いますよ。」
「・・・・・。」
(「彼女」と同じ事を・・・「血」は争えないって事かな・・・?)

「ランカスター陛下!!」
「見つけました!ヴァリス閣下!」
 クローディアの騎士たちだ。 まずい。
「やっと見つけたぞ。ランカスター。今日という今日は絶対に逃がしはしないぞ。」
 ヴァリスが叫ぶ。
「ま、私も簡単に捕まるわけにはいかないな。ヴァリス。」
「言ったな〜(怒)」
「さ、アヤ行こうか。」
「え・・・でも・・・ヴァリスさんは・・・。」
「いい。放っておいていいよ。さ、行こう。」
 私はアヤを連れ、走った。
「逃がすな。何としてでも捕まえろ!!」
 ヴァリスは叫ぶ。

「アヤ・・・ちょっとごめん。追いつかれそうだ。」
 私はアヤを抱いた。
「ちょ、ちょっと・・・ランカスター陛下・・・。」
「竜を召還するから待っていろ・・・・我と契約せし、「聖獣」よ・・・ ランカスターの名において召還する、今、我の前にその姿をあらわせ。」
シュバーンッ!!
「ランカスター陛下も竜騎士なんですね。」
「クローディア王家は竜騎士の家系だからね。 私もランフォードぐらいの頃は「戦場」を駆け回ったものだ。さぁ、行こう。」
「はい。竜に乗るのは好きです。」
「それはよかった。」

「竜を召還するなど卑怯だぞぉ〜ランカスター!!」
「お前は私と何年の付き合いだ?私が「竜騎士」であるぐらい知っているだろう? それを今まで忘れていたお前のミスだ。じゃあな。」
 さっさと飛んでいく私とアヤを乗せた竜。 ヴァリスの悲鳴のような怒鳴り声のようなモノがその辺りに響き渡っていた。

「くそぉ〜。城に戻ってきたらただじゃおかないからな。」
 とはヴァリスの弁。

Copyright © 2003  くみちょう,  All rights reserved.
This site is created by ez-HTML